受賞店の声即席麺

(株)エーコープ関東 野庭店様
凄麺まつりディスプレイコンテスト
ディスプレイコース グランプリ

募集締切:

商品の見せ方にこだわりオリジナルPOPでアピール

“わかりやすく”“伝わる”売場づくりを日頃から意識


株式会社エーコープ関東野庭店グロサリー担当・平田自然氏(左)、ヤマダイ株式会社東京営業部・杉山大樹氏(右)

今回初めてヤマダイのコンテストに参加して、見事ディスプレイコースのグランプリを獲得した株式会社エーコープ関東の野庭店。陳列を担当したのはグロサリー担当の平田自然氏だ。

平田氏は「知らせを聞いて正直びっくりしました。何か賞を取れれば、という思いはありましたが、グランプリなんてまったく考えにありませんでした」という。

今回の参加は本部バイヤーからの提案を受けて決定したもので、ヤマダイのコンテストへの参加は野庭店としては初めて。これまでにもいくつかのコンテストに参加した経験はあったが、最高賞を獲得するのは初めてだった。

同店は団地内店舗で、高齢者層を中心とした顔なじみのリピーターが多いという立地特性を持つ。その中でカップ麺はよく売れており、特にヤマダイの商品は「横浜とんこつ家」などを中心に人気が高いため、大陳による販売にも自信があったという。

ディスプレイは、入口正面に什器を設置し、来店客のすべてが必ず目にする場所で展開。店舗全体の第一印象に良い影響を与え、活性化に寄与すべき一等地といえる。

目立つ場所でもあり、定番にはない商品を含めて多様な商品を陳列したことで、ふだんとは違う商品を買ったお客さまから「初めて食べてみたらおいしかった」という声が寄せられ、販売実績も想定を上回ったという。

同店では日頃から陳列を重視しており、特にグロサリー部門では、オリジナルPOPで商品情報を積極的に発信するなど、わかりやすくメッセージが伝わりやすい売場づくりに力を入れている。

商品の特徴をストレートに訴求


株式会社エーコープ関東野庭店

今回の陳列では、前回の入賞店の写真などを見た上で、ストレートに「麺の凄さ」を訴える陳列にしたいと考えた。「どうしてもご当地シリーズのバリエーションに目が行ってしまいますが、インターネットの口コミなどを調べてみると、やはり麺への評価が高かった。まず商品の特徴を最大限にアピールすることにしました」(平田
氏)

そのため「凄麺は麺が違う!」という大きなPOPを用意。A3の用紙に1文字ずつプリントアウトし、ダイナミックに掲げたほか、麺そのものの写真や、パッケージを大写しした写真を配置するなど、「麺」の訴求に力を入れた。

さらに商品は、単に積み重ねるのではなく、上面が見えるように斜めに配置し、見た目のインパクトも高めている。斜めのディスプレイには店舗で空いていた青果用の什器を活用。見やすいだけでなく、商品の取りやすさにも配慮した。

POPなどは店舗のパソコンやプリンターで事前に準備し、実際の陳列作業にかかった時間は平田氏一人で2時間ほど。売場で微調整しながら進めたいので、基本的にいつも一人で作業しているという。

平田氏は、「陳列のスキルについてはこれまで一緒に仕事をしてきた先輩たちから教わってきたことがベースになっています。社内にはコンテストで多くの受賞実績を持つ先輩もいて、参考になります。今回の陳列はお客さまの反応も良く、喜んでいただけました。グランプリという結果を励みに、来年も同様の機会があれば、ぜひ参加してがんばってみたいと思います」と語ってくれた。

入口正面に配置した斜めの什器に商品を見やすく展開。赤地に黄色い文字のオリジナルPOPで迫力ある陳列を実現している