受賞店の声酒類

㈱フードウェイ佐賀モラージュ店(佐賀県佐賀市)様 第29回 ディスプレイコンテストParty Drinkコース全国グランプリ

募集締切:
UCC 第29回 ディスプレイコンテスト

ハロウィンを日本風にアレンジ!アイデアで注目される売場づくり

幽霊で和のハロウィン

フードウェイ佐賀モラージュ店 食品部の田島優樹氏(左)とUCC上島珈琲㈱ 西日本支社 九州支店の平井奈々氏(右)

フードウェイ佐賀モラージュ店 食品部の田島優樹氏(左)とUCC上島珈琲㈱ 西日本支社 九州支店の平井奈々氏(右)

2019年の秋に実施されたUCC「第29回 ディスプレイコンテスト」のParty Drinkコースにおいて、全国グランプリを受賞したのは、㈱フードウェイ(福岡県福岡市、後藤圭介代表取締役社長)のフードウェイ佐賀モラージュ店。同店食品部の田島優樹氏は「2年前、佐賀大和店勤務時代にグランプリを受賞していたので、まさか2度も受賞できるとは思っていませんでした。とても光栄です。ありがとうございました」と語ってくれた。

同店は、映画館も併設されているショッピングモール「モラージュ佐賀」の1階という立地。そのため、若い世代の来店も多い。「Party Drinkコースへの参加でしたので、若い来店客にもアピールできるハロウィンパーティーをテーマにしました」と田島氏。さらに、「令和=霊和」という語呂合わせと、その漢字のイメージから日本風の幽霊をかわいらしくイラスト化し、POPにするというアイデアを生かした。

陳列商品も、若者に人気のペットボトルタイプの紅茶やコーヒーをラインアップ。さらに、ハロウィン限定パッケージを採用した菓子類も陳列し、関連販売を実施した。この効果は高く、注目率と売上をアップすることになった。

「いかにお客さまの目と足を止めるかを考えた」(田島氏)という売場。今回のディスプレイコンテストで陳列したUCC商品は、終了後に定番棚に戻ってもリピーターが生まれる商品になり、売上も好調に推移しているという。

店内活性化に売場演出を活用

フードウェイ佐賀モラージュ店

ショッピングモール「モラージュ佐賀」の1階に出店しているフードウェイ佐賀モラージュ店

㈱フードウェイは、現在22店舗。福岡県を中心に関東圏にも店舗を展開している。食肉小売業からスタートし、スーパーマーケット事業にも進出してきた経緯から、生鮮品や総菜品には強いこだわりを持っている。

フードウェイ佐賀モラージュ店は、さまざまなテナントが入っているショッピングモール内にあることから、商圏は広く、来店客の年齢層も幅広い。そのため、しっかりと商品をわかりやすく訴求することが必要となっている。そして、興味を引く売場を展開し続けることである。そのバックボーンとなるのが、マンネリ化しない売場づくりである。

毎月、エンドや催事スペースにおいて、季節感や歳時を反映した売場づくりを実施している。さらに、顧客の嗜好や属性別の売れ筋商品をセレクトし、提案することで、幅広い層にも対応できる売場づくりを意識している。それに加え、さまざまなディスプレイコンテストにも参加するなど、店内の活性化に注力している。

このように、売場演出を重視しているため、顧客からは「今度は、どんな売場をつくっているの」と陳列作業中に声をかけられることが多いという。「もともと、美術や絵に才能があるわけでもなく、得意でもなかった」と語る田島氏。仕事をしていくなかで、来店客に楽しい買物をしてもらおうと取り組み続けたことで、オリジナルPOPづくりが好きになり、向上したという。

「UCCからは、いろいろなアイデアをもらえたり、バックアップをしてくれるのでコンテストに参加しやすい」と話す田島氏。

今春、他店に異動が決定しており、「今回のディスプレイコンテストの全国グランプリ受賞で、異動前の有終の美を飾ることができました」と語ってくれた。

受賞したディスプレイ

イラストやオリジナルPOPづくりも担当する田島氏。アイデアを生かした演出と来店客の好みに合わせた商品選びで訴求力のある売場をつくりあげた