受賞店の声加工食品

㈱オータニ フードオアシスOTANI 小山店(栃木県小山市)様 パリパリ無限シリーズ ディスプレイコンテスト ベジタブル・アイデアコース グランプリ受賞

募集締切:

二重三重のアイデアを積み重ねていき商品とともにアイデア満載の売場に!

わかりやすさと遊び心を重視

こだわり商品の品揃えとお得で便利な「オータニカード」によって、隣接する茨城県からの来店客も多いフードオアシスOTANI小山店

今年の春に実施された東洋水産「香ばし麺がおいしい! パリパリ無限シリーズディスプレイコンテスト」において、ベジタブル・アイデアコースのグランプリを受賞したのは㈱オータニ(栃木県宇都宮市、大谷章代表取締役社長)のフードオアシスOTANI小山店である。店長の室井信行氏は「前回はボリューム賞でしたので、今度こそグランプリを受賞しようと応募しました。狙っていたとはいえ、グランプリ受賞は、とても嬉しいです」と語ってくれた。

前回はコンテスト応募直後に、アイデアが弱く、演出や訴求力が足りないと感じたことを反省点にし、今回の売場づくりがスタート。青果チーフの宇梶裕哉氏は「より多くのお客さまに響く売場にするために、いくつもの仕掛けというか演出を注ぎました」と語る。その1つが「レタス VS キャベツ」という興味を喚起する好みの選択をアピール。その対決イメージから人気漫画の有名な効果音「ざわ…ざわ…」から発想した「バリッ…バリッ…」というPOPを作成した。「女性のお客さまだけでなく、男性にも訴求できる遊び心のあるアイデアとして採用しました」と宇梶チーフ。さらに、野菜がおいしく摂れることや素材1つで簡単にできることを訴求するために、キャベツとレタスの関連販売も行う売場とした。

今回の売場は、立ち寄り率も高く、売上も大きく伸ばす結果となった。しかも、コンテスト終了後も好評で、定期的に発注を行う売れ筋商品へと成長していった。

陳列やPOPへのこだわり

右から、フードオアシスOTANI小山店 店長の室井信行氏と青果チーフの宇梶裕哉氏、東洋水産㈱ 北関東支店 栃木営業所の手嶋優晴氏

㈱オータニは、栃木県に30店舗、埼玉県に1店舗を展開。通常のスーパーマーケットの「スーパーオータニ」と本物志向へのニーズに応える「フードオアシスOTANI」の2タイプがある。小山店は、「フードオアシスOTANI」であることから、こだわりの商品やワンランク上の商品もラインアップされている。「お祝いやパーティーなど、家庭での晴れの日用ニーズに応えられる商品はもちろん、近隣に工業団地があることから、そこで働く外国人のお客さま用に輸入商品なども揃えています」と室井店長。その輸入商品は日本人には珍しいものが多く、注目商品になっていることもあり、独自性のある品揃えが人気となっている。
㈱オータニでは、売場づくりやオリジナルPOPに注力しており、定期的に社内コンテストを実施。各店舗が競い合うことで、陳列技術や効果的なPOPづくり、演出力アップなどに磨きをかけているという。

加えて、社外からの評価を得るために、メーカー主催の全国規模のディスプレイコンテストに参加している。室井店長は「東洋水産というか、マルちゃんブランドには商品力があるので、参加しやすい」と語る。また、「マルちゃん焼そば」にしても「パリパリ無限シリーズ」にしても、生鮮品との関連販売ができることから、客単価をアップできることも大きなメリットと捉えている。今回は、新型コロナウイルスによる巣ごもり需要があり、もう1品の副菜やおつまみになることが選ばれた理由になったと考えられる。

次回に向けて、じっくりとアイデアを練り、またグランプリが受賞できる売場づくりに挑戦したいと考えている。

ボリューム感のある陳列と関連販売で目を引く売場に。また、人気ユーチューバーの「キャベツ無限食い」動画の影響で注目度が高まった