結果発表飲料

第29回 大正製薬 店頭演出コンテスト

募集締切:

コース結果発表

企業表彰コース

企業グランプリ

受賞店
(株)マエダ様
コメント
今回も29店舗全店で参加いただき、企業表彰コースのグランプリ6連覇を達成されました。さらに、24店舗が入賞されています。地域密着ならではのディスプレイを実施されていることで、今年もオリジナリティ豊かで、効果的な展開となりました。
「購買意欲と新規顧客を掘り起こす“気づき”のアピールで6連覇を達成」
 代表取締役社長
 前田 惠三様

代表取締役社長
前田 惠三様

今回も企業グランプリをいただき、6回連続の受賞となりました。毎回、最高の評価をしていただけたことに感謝いたします。同時に、喜びもいっぱいです。その一因は、当社のスタッフが慢心することなく、売場づくりに真摯に取り組む姿勢やがんばりを感じることができたからです。 「リポビタンD」は、私自身も普段から愛飲しており、私の友人は山登りの際も携帯するなど、ファンが多い商品です。シニア層ですから、まさしく「ファイト一発!」の世代です。

小売業としては、信頼度が高い大正製薬さんの、人気のロングセラーというブランド力のある商品を大々的に扱うことは、お客さまの信頼獲得へつながります。「マエダの信頼」構築にとっても、大切なブランドになっています。

今回も29店舗全店が参加して、24店舗が入賞しました。そのうち、前回は4店舗の受賞だった優秀賞や演出アイデア賞は、10店舗が選ばれるという好成績をあげることができました。

今回の売場づくりのテーマは2 つ。「リポビタンD 発売55周年」と「品質訴求演出」です。いつものように、店舗の入口や催事場所など、お客さまの目につく目立つ場所で展開しました。そのうえで、各店舗の商圏特性にあわせたエリア別のアピール手法を取り入れています。「55周年」や「品質訴求」をお客さまと店舗の関係性から、「マエダのおすすめ」というカタチで、それぞれアプローチしました。そのアピール手法は、シニア層の多い地域やファミリー層の多い地域など、顧客層を意識したディスプレイ展開として実施しました。

ドリンク剤の需要が多いといわれる東北地方のなかでも、青森県は上位と聞いています。当社においても、「リポビタンD」の人気は高く、農作業などの仕事帰りに、軽トラックで店に立ち寄り、ケース買いをされるお客さまが多数おられます。農業や漁業の盛んな地域では、大陳期間中は、とくに、このような大量購入をされる方が多くなります。インパクトのある陳列と視認率をアップしたPOP訴求などが、購買意欲をいっそう高めた結果だと思います。

シニア層には、断然の人気がある「リポビタンD」ですが、ファミリー世帯の多い地域では、アプローチを変えています。最近は、女性の社会進出も増えている現状を踏まえた展開です。「リポビタンD」を飲んだことがないという方への、トライアルで気軽に飲めるようにストッカーでの1本販売も実施。女性には「リポビタンファイン」「リポビタンフィール」といった女性向けドリンク剤も大陳と1本販売を実施しました。飲みやすいフルーツの味わいや、ノンシュガー、低カロリーなど、女性の心に届くアプローチを行うことで、“気づき”を促進しました。その結果、女性用エンド展開では、昨年と比べ、120%の売上を達成しました。

人口減少や過疎化など、社会情勢は厳しいものがありますが、ファミリー層の20~30代男性や女性層の新規開拓が売上をつくっていくと考えています。健康的で明るい地域づくりに貢献する当社のコンセプトとも合致する「リポビタンシリーズ」。健康をテーマとして、ファミリー層にも、シニア層にも、もっと愛される商品として、販促チラシや売場づくりを積極的に展開していく考えです。

受賞店
(株)Aコープ西日本様
コメント
今回で8回連続受賞を達成されたAコープ西日本様。守りに入ることなく、常に新しい発想によるディスプレイ展開に挑戦し続けていただいています。各店舗の個性を生かしながらも、企業としての統一感のある展開に、受賞歴の裏づけが感じられます。
「『食からの健康』にプラスできるヘルスケア提案として取り組む」
 代表取締役社長
 草場 浩様

代表取締役社長
草場 浩様

大正製薬さんの「企業表彰コース」グランプリは8回連続でいただくことになりました。ありがとうございました。 大変名誉なことなのですが、5~6 回連続受賞の頃から、実はかなりのプレッシャーがありました。ついつい、守りに入ってしまいがちですが、「同じことをやってはダメだ!」「発想を変えて、常に新鮮さを求めよう」「失敗はOK。改善や進歩につなげて、成功例を積み上げよう」とスタッフに伝えていました。

言うは易くですが、スタッフはよくやってくれたと思います。しかも、71店舗のうち、山間部や離島などのディスプレイが実施できない店舗を除いて60店舗以上が参加し、そのうち8店舗がエリアグランプリや優秀賞など上位受賞も果たしています。

大正製薬さんの店頭演出コンテスト参加が店舗活性化のひとつとなっており、店舗間に競争意識が働き、陳列技術や訴求・演出方法の向上に大きく作用しています。さらに、スタッフのモチベーションやコミュニケーションのアップにもつながっています。

このように、ほぼ全店で店頭演出コンテストに参加できるのは、大正製薬さんの徹底した店舗フォローがあるからです。冗談ぽく話すのですが、当社の人間でさえあまりフォローへ行けない山間部の80坪ほどの店舗へも、営業担当の方は足を運んでくれます。当社のすべての店舗をまわって、大型店の場合、中型店の場合、小型店の場合と、商圏特性をあわせて、タイプ別に売り方の工夫や提案をいただけるので、とても助かっています。

「リポビタンD」のブランド力はもちろんですが、大正製薬さんが持っている情報量や提案力には驚かされるとともに、販売においては心強いパートナーとなっていただけることに感謝しています。連続受賞も、大正製薬さんとの連携が大きなポイントになっていると感じています。

当社のエリアには、過疎地や高齢化の進んだ地区がたくさんあります。買物難民ともいわれています。このような地域の方々のために、自動車で訪問する移動スーパー「とくし丸」を稼働させています。また、当社のポイントカードを詳細に分析したところ、平均年齢が70歳代ということが判明。感覚としては、60歳代だと思っていました。「豊かな地域社会への貢献」を掲げているAコープとしては、お客さまの暮らしに寄り添うことが使命です。お客さまの要望を的確に把握するための意識と目線を持ち、修正することが重要です。それは、お客さまからの信頼につながります。信頼を得た商品であれば、価格訴求に走ることなく、適正価格で販売することができます。

当社は生鮮品がメインですから、安心・安全な「食からの健康づくり」を訴求しています。高齢者の多い地域においては、そこから派生する価値あるヘルスケアの提案をしていかなくてはならないと考えています。

人気があるロングセラー商品「リポビタンD」は、健康的で明るい暮らしを応援するヘルスケアの商品となっています。だからといって、商品を積むだけでは売れません。大正製薬さんのブランド力と情報量、提案力を活用しながら、当社の陳列技術や演出力、地域に密着した提案力を駆使し常に新鮮な気持ちで、普段の売場づくりや店頭演出コンテスト参加をしていきたいと考えています。

受賞店
(株)アタックスマート様
コメント
前回に引き続き全店舗で参加され、見事、企業グランプリの2連覇を達成いたしました。お客さまの気づきを引き出す売場づくりを徹底することで販売実績も毎年アップするという展開が行われております。
「全店が積極的に取り組む“気づき”の仕組みを取り入れた売場づくり」
 代表取締役社長
 筒井 靖彦様

代表取締役社長
筒井 靖彦様

前回の初受賞に続き、大正製薬さんの店頭演出コンテストにおいて、企業グランプリの2連覇を達成することができました。これは、大正製薬さんの協力があってのことですが、地方のチェーンとしては、とても光栄なことです。 今回は、グランプリ受賞に恥じないようにと、参加全店とも、前回に増して意気込みはかなりのものでしたので、最高の結果となり、売場づくりへの自信を高めることができました。

当社の売場づくりの基本に“気づき”があります。私どもが商品を仕入れるときにも起きることなのですが、「見落とし」や「買い忘れ」をすることは、結構あります。お客さまも同様で、目的買いの商品以外は、そのようなことがあります。商品が目立たないとチャンスロスになってしまいます。

当社はディスカウントストアですので、買い上げ点数がとくに重要です。商品に気づかないという以外にも「今日は買う気がない」「いつか買うけど、今はいらない」という思いから、「買っていこう」と思わせる仕組みづくり。それが“気づき”の提案なのです。

大正製薬さんへの信頼度の高さやロングセラーである「リポビタンシリーズ」のブランド力があってこそですが、当社は担当者の顔写真入りPOPを作成したり、商品特徴をわかりやすく訴求するPOPをつくることで、 “気づかせる”工夫を行っています。陳列技法によって、目立つ売場を展開しています。

このような売場づくりは、店頭演出コンテスト以外の取り組みでも行っています。商品をセレクトして、1年の間に集中的に売り込むことを目的にした「10万本セール」といった独自の取り組みを実施しています。さらに、大正製薬さんの商品を対象に、1店舗あたりの売上で日本一をめざし、「リポビタンD」のアイテムで実際に、日本一の売上を達成しました。

この取り組みは、現在の厳しい環境のなかでの売上確保という側面と、お客さまに愛される店づくりに直結する活気のある店舗、モチベーションが高いスタッフの育成などの目的があります。さらに、当社の理念である「感謝・堅実・信用」との関わりです。これは、お客さまに向けたメッセージであり、協力いただいている企業にも当てはまるものです。大正製薬さんは、4年ほど前に、当社の高鍋店で協力いただいたのがきっかけです。伸び悩んでいたドリンク剤などの活性化策を相談し、支援していただき、売上をのばすことができました。それ以来、信頼関係を構築できるよう大正製薬さんの商品をより多く売り切ることを行ってきました。その結果、お互いの信頼から、よりよい関係を築くことができました。

お客さまとの関係構築も同様で、まず、お客さまのニーズやライフスタイルを知ることが重要です。そのため、私は本社にいる時間より、店舗に出向き、実際のお客さまと接する時間などを持ち、動向やニーズを把握しています。そこで感じたのが、セルフメディケーションへの意識の高まりです。高齢化社会を迎える時代のキーポイントになります。

今後も、健康をテーマに「リポビタンD」の“気づき”の提案を展開していこうと考えております。大正製薬さんと協力しながら、地域の健康づくりに貢献していければと考えています。

企業賞

受賞店
(株)ダイユー様 (株)長野県A・コープ様
女性向けドリンク剤を目につきやすい上段に陳列し、男性に人気の「リポビタンD」と半数ずつの陳列を実施。女性客の獲得を意識した展開を積極的に行っています。 各店の展開スペースにあわせて最適なディスプレイを実施しています。みゆき店様は、七夕をテーマに目を引くPOPを作成することで、来店者の興味を喚起できる売場づくりを行っています。
マックスバリュ中部(株)様 (株)ママイ様
リポビタンシリーズをバラエティー豊かにラインアップした陳列です。商品が選びやすく、手に取りやすいこともあり、お試し感覚で、いつもと違う商品を購入する機会を生み出しています。 各店がそれぞれPOPや陳列技法を駆使して変化のある売場をつくっています。アピール力のあるトップボードも視認率アップに効果を発揮しています。
コーナン商事(株)様 (株)シーエムシー様
メッセージ力の強いキャッチフレーズを採用したオリジナルPOPが訴求力を大幅にアップしています。大型のPOPもユニークでインパクトがあり、お客さまが楽しめる売場が誕生しました。 大型POPやイラストを使用してドリンク剤を効果的に訴求しています。また、お客さまとのコミュニケーションが促進される売場となっています。限られたスペースを有効活用した例です。

新規企業賞

受賞店
(株)フレッシュコーポレーション様 (有)中央市場様
左右にも天地にも、スペースを活用した迫力の陳列が展開されています。「リポビタンD」の最需要期となる夏の季節演出によって、購買意欲をアップする売場となっています。 小スペースの展開でありながら、インパクトのある売場となっています。フロア什器やウッドラティスを活用した演出など、思わず立ち寄りたくなる工夫を各店が実施しています。

タワー演出表彰コース

全国グランプリ

受賞店
(株)ニュー直江 ショッピングプラザキャモン店様(熊本県)
コメント
催事スペースをフルに活用した迫力満点のディスプレイです。「夏祭り」をテーマにしながらもキャッチコピーをかかげて、男性、女性向け商品を訴求するなど売場を通じて商品特徴をお客さまに伝えたいという思いが伝わってきます。
(株)ニュー直江 取締役 総務部長
 直江 真也様

取締役 総務部長
直江 真也様

今回、全国グランプリ受賞は、さすがに難しいと思っていましたが、なんと5回連続の受賞となりました。うれしさよりも驚きのほうが大きいですが、とても光栄なことです。 「リポビタンD」は、1年を通して売れる商品ですが、とくに夏場はおすすめですので「夏祭り」をテーマに演出を行いました。ただし、それだけでは当たり前過ぎて、インパクトや訴求力がないので、ひとひねりすることにしました。そこで、最近の傾向として、「リポビタンシリーズ」は、男性だけではなく、女性のニーズも高まっていることを思い出し、今回は、男性向け商品と女性向け商品をしっかりと、わかりやすく分けて訴求することを考えました。ただ分けるだけでは面白くないので、フックとなる言葉を探しました。それが、今回の「リポビタン・ブラザーズ」と「リポビタン・シスターズ」です。男性向けは「リポビタンD」や「リポビタンDスーパー」をメインに陳列し、女性向けには「リポビタンファイン」や「リポビタンフィール」ともに、「リポビタンDライト」をメーンに陳列しました。若いOLさんが対象となる都市部と違い、40歳代の主婦層が好むのが「リポビタンDライト」です。いずれにしても、女性向けは低カロリー商品が好まれています。

陳列時に心がけていることは、コーナーを利用して、ワイドに展開することで、目立つ売場づくりを行っています。陳列前には、簡単な設計図的な下書きを起こして、それをもとに商品を積んでいきます。ほぼ積み上がったところで、見え方などをチェックしながら、調整を行って、完成へと向かっていきます。

店頭演出コンテストへの参加が恒例となっていることもあり、毎回期待していただいているお客さまもいて、それも励みになっています。今回は、「ブラザーズ」と「シスターズ」が面白いと感じてもらえたり、商品が選び易いと声をかけていただくこともありました。私たちの思いが届くような売場づくりができたと思います。

 10本販売はもちろんですが、高齢化が進んでいる地域ということもあり、買物した品が重くなることを避ける傾向があるため、1本・3本販売にも力を入れています。商圏エリアの特性を把握し、商品を選べる提案も重要だと考えています。小口購入は、来店頻度アップにつながることもあります。店頭演出コンテストでも、工夫次第でいろいろな施策を実施できることを実感しています。

エリアグランプリ

受賞店
(株)ホクノー ホクノー中央店様(北海道)
コメント
限られたスペースで、ボリューム感を出すために、ひな壇型で高く商品を積み上げています。前段は、商品を取りやすくするために、張り出し陳列を低く設定するという配慮をされています。
食品バイヤー 岡村 昌敬様

食品バイヤー
岡村 昌敬様

今までは準グランプリが最高でしたので、今回のエリアグランプリ受賞は、本当にうれしいです。 夏祭りをテーマに「ホクノー中央店から元気をお届け!」というメッセージで商品をアピールしました。毎年、当店の駐車場で夏祭りを実施していることにも関連づけた展開です。ボリューム感を出す陳列とともに、「ファイト一発」でおなじみの「リポビタンD」を訴求する大型の幕や大型のうちわPOPなどで、お祭りイメージや元気感を打ち出しています。オリジナルPOPで目立つ演出をすることで、定番陳列時と比較して、2倍以上の売上を達成できました。

当店は、高齢者比率が高く、単身者も多いエリアの立地です。そのため、10本販売よりも3本販売のほうが売れる傾向にあります。持ち帰りを考えると商品の重量を軽くしたいと考えるからでしょう。「リポビタンD」は、人気の商品で、ドリンク剤のなかでも飲みやすい味なので、もっと多くの人に受け入れられる商品だと思います。試し飲み的なトライアルができるバラ売りも強化していきたいと考えています。

エリアグランプリを受賞できたことは自信になりました。次回は、全国グランプリ達成をめざしたいと思います。

受賞店
(有)中央市場 ビフレにかほ店様(秋田県)
コメント
「リポビタンD」の品質を訴求するトップボードと女性需要を掘り起こすためのイラスト立体パネルなど、アピール力と演出力がある売場です。オリジナリティに優れたアプローチが高く評価されました。
ビフレにかほ店店長 佐藤 由友様
ドライグロッサリー日配担当 大友 直樹様

ビフレにかほ店店長 佐藤 由友様
ドライグロッサリー日配担当 大友 直樹様

ドリンク剤の販売構成比率が高い東北エリアにおいて、エリアグランプリをいただけたことは、スタッフ全員が大変うれしく思っています。しかも、初受賞ですので、喜びは倍増です。 200ケースの大陳を入口すぐの催事スペースで実施したため、そのインパクトで、ほとんどの来店者が足を止めて、商品を購入いただけました。「リポビタンD」は、人気が高く、普段から愛飲していただいているお客さまが多いことから、特別なディスプレイに触発されて、購買意欲が高まったと思います。1本販売と10本販売を陳列したのですが、お試し的感覚で1本購入をされる方も多く、新たなファンの開拓もできたと思います。

トップボードで「リポビタンDの5つの力」と、商品特徴をしっかりと訴求したことで、商品のよさを再認識いただけたことも大きかったと考えます。また、新規需要開拓を目的に、女性イラストの立体パネルを作成。トライアル購入を促進するために、女性向けドリンク剤の1本陳列ボックスに取り付けました。この訴求により、女性の新規購入者も獲得できました。

今回のように、買いたいという気持ちを生み出せるような売場づくりを続けていけるようがんばっていきたいと思います。

受賞店
(株)ハーズ 食品館ハーズ様(埼玉県)
コメント
「お客様の『健康生活』を応援します」をテーマに、部門を越えて、スタッフ一丸となって取り組む姿勢を打ち出したディスプレイです。迫力のあるボリューム陳列とともに、購買意欲を引き出しています。
店長 米山 伸仁様
フロアー部 リーダー 夜間店長 五十嵐 裕様
店長補佐 兼 グロサリー部門長 水野 潤様

店長 米山 伸仁様
フロアー部 リーダー 夜間店長 五十嵐 裕様
店長補佐 兼 グロサリー部門長 水野 潤様

前回に続いて、連続でエリアグランプリをいただくことができました。大正製薬さんの協力があってこその連続受賞だと思いますので、感謝しています。毎年参加させていただいていますので、売場活性化効果や売上アップなど、さまざまな効果があります。また、お客さまにも楽しみにしていただいていることから、年中行事のひとつにさせていただいております。 当社のモットーは「お客さまへのおもてなし」です。チェーン店ではなく、単独店だからこそ、お客さまとの密接な関係を構築できるコミュニケーションを大切にしております。お客さまの中には、スタッフとの会話を楽しみに来店いただける方もいらっしゃるほどです。店頭演出のテーマは、「おもてなし」から発想した「健康生活応援」です。グロサリー部門だけではなく、青果や鮮魚、惣菜部門など、店舗全体のイベントとしての取り組みを表現するために、全部門のスタッフの顔写真をPOPにして、売場に掲出しました。その写真POPを見たお客さまから「あなた、出てたわよ」などと、声がけをいただくなど、好評の売場となりました。

お客さまとのコミュニケーションを、より生かせる売場づくりによって、次回は全国グランプリをねらいたいと思います。

受賞店
(株)ナナーズ 川上店様(長野県)
コメント
「リポビタンD」10本販売を中心に陳列した売場です。夏は、地域住民の方以外に、登山客や別荘の住人が増えることから、とくに売場が目立つように大型トップボードを設置して購買を促進しています。
常務取締役 統括本部長 浅川 伸昌様
グロサリチーフ 吉澤 敏恵様

常務取締役 統括本部長 浅川 伸昌様
グロサリチーフ 吉澤 敏恵様

今回、初めてエリアグランプリを受賞させていただき、ありがとうございました。大正製薬さんのフォローをいただいての結果ですので、感謝の気持ちでいっぱいです。 周辺には、当店以外に店があまりないので、地域密着で暮らしを支えるお手伝いをさせていただく品揃えを行っています。そのなかで、「リポビタンD」は、人気商品で、特売をかけなくても売れている商品です。暮らしの中にとけ込んだ商品でもあり、気軽な手みやげとして10本箱を持参するケースが多々あります。とくに、夏の季節は気持ちの部分を含めて、元気になれる商品として、多くの方々に飲まれています。

ディスプレイを実施した夏は、登山客や別荘に来る人たちで、この地域は一時的に人口増となります。普段、来店されない方が買物に来るので、売場のアテンションを兼ねて、大型トップボードを設置。まとめ買いのお客さまが多いので、10本販売を中心に並べ、手に取りやすい陳列を心がけました。視認率の高まりは、地元のお客さまの購買意欲も刺激でき、売上アップ達成にもつながりました。

大正製薬さんの店頭演出コンテストは、今後も継続して参加し、さらに上の結果を目標にがんばっていきたいと考えています。

受賞店
山成商事(株)どんたく高浜店様(石川県)
コメント
「リポビタンD」と「リポビタンD ライト」を中心にディスプレイしています。ケース買いや10本販売など、まとめ買いをされるお客さまにあわせた陳列を行うことで利便性をアップした売場にされています。
第二商品部 食品部バイヤー 石浦 将史様

第二商品部 食品部バイヤー 石浦 将史様

店頭演出コンテストを目的にした売場ではなく、お客さまに喜ばれる売場づくりを日頃から心がけています。その取り組みを大正製薬さんと共有しながらつくりあげた売場で、エリアグランプリをとれたことがとてもうれしいです。 能登地域は、ドリンク剤が売れるエリアですので、価格競争に陥りがちです。しかし、価格訴求に頼らずに、企画で売ることを継続してきました。それを支えてくれたのが、大正製薬さんです。商品の情報提供や企画の支援などをいただきながら、季節ごとの売場づくりを行うなど、一緒に売上が確保できる商品として育成してきました。その積み重ねが、今回開花して、エリアグランプリという結果になったと思います。

高齢化が進んでいる地域なので、今後のことを考えると、若者や女性需要を開拓することがポイントになります。そこで、トレンドや地域のライフスタイルに合わせた提案を組み入れた企画を行っています。その成果が出はじめて、「リポビタンファイン」など女性向けの商品の売上が増加を続けています。

高い頻度で店舗フォローされて、きめ細かい提案をもらえる大正製薬さんとともに、お客さまに支持していただける売場づくりを今後も継続し、地域に貢献していきたいと考えています。

受賞店
JA 鳥取中央 Aコープ赤碕様(鳥取県)
コメント
L字型に積み上げられた迫力のディスプレイ。演出は、地元のお祭りとその時に打ち上げられる花火です。地域内には店舗が1店舗のみということから、地元の皆さまと歩むというメッセージを込めた売場です。
次長 山口 弘良様

次長 山口 弘良様

準グランプリなどの受賞経験はありましたが、なかなかグランプリまでは届かなかったので、「いつかは」という思いがありました。念願のグランプリをいただき、光栄です。ありがとうございました。 大正製薬さんの店頭演出コンテストには、その度、情報提供や企画アイデアの相談に乗っていただき、夏と冬の両方に毎回参加させていただいています。今回も、地域に1つだけの店として、地元に根ざしたディスプレイを実施しませんかという提案をいただきました。そこで、地域の夏祭りとその時に打ち上げられる花火をモチーフに、売場演出を行いました。お客さまは、昔からご愛顧をいただいている固定客ばかりですので、地元のお祭り演出は評判になりました。お客さまにも喜ばれ、グランプリも受賞できるという二重の喜びを味わうことができました。

「リポビタンD」は、農作業の後に習慣的に飲まれている愛飲者が多い商品です。10本販売などまとめ買いをされる方がほとんどなので、今回のディスプレイは購買喚起につながり、売上もアップすることができました。

店頭演出コンテストは、楽しさや目新しさを創出でき、売場活性化の効果もあるので、今後も積極的に参加していきます。

受賞店
(株)Aコープ西日本 Aコープ城南店様(愛媛県)
コメント
今年、地元で開催された愛媛国体と連動させた大型トップボードを作成。スポーツと健康、元気な暮らしのなかに「リポビタンD」をすすめる展開を実施。タイムリーなテーマで、購買意欲を刺激されました。
副店長 三好 雄二様

副店長 三好 雄二様

当店は、変則的なスペースが多く、大陳実施スペースが思うように確保できませんでした。リニューアルによって、スペースが生まれたことで、ボリューム感のある大陳を思い切って実施できるようになりました。その結果、初のエリアグランプリを獲得。異動して初めて任されたこともあり、思い出に残るものとなりました。大正製薬の担当者さんの協力が、受賞の原動力になっており、感謝しています。 以前は、地元の愛媛城などを演出に使用していたのですが、今回は地元開催である愛媛国体を採用しました。スポーツと健康は「リポビタンD」にリンクするとの思いからの発想です。スポーツシーンの躍動感があるトップボードは、目を引くだけではなく、購買喚起にも効果を発揮しました。通常でも、月に200~300 ケースは売れる人気の「リポビタンD」ですが、この時は450~500 ケースを売り、さらに追加注文が発生しました。

当店の顧客は、50歳以上のシニア層が7割を占めています。若い世代の囲い込みは、今後の課題です。今回のような店頭演出コンテストに参加し、商品をアピールすることで“気づき”を啓発していくことが、新規の顧客獲得の足がかりになると考えています。今後も、付加価値ある売場づくりをめざしていきます。

受賞店
コーナン商事(株)JR今宮駅前店様(大阪府)
コメント
店内に大阪のシンボルのひとつである通天閣が出現しました。レジそばの目立つ場所での展開とともに、来店客の誰もが足を止めるほど目立つ売場になっています。そばに寄ると「やっぱ好っきゃねん リポビタンD」の文字が! 思わず購入してしまう演出もしっかりとされており、ケースでのまとめ買いを促進する商品陳列にもなっている売場です。

演出アイデア賞

受賞店

(株)マエダ マエダストア鯵ケ沢店様(青森県)、(株)Aコープ西日本 Aコープハトマート山越店様(愛媛県)、(株)ヤマサンセンター ヤマサンセンター川内様(愛媛県)、ユーマートグループ協同組合 海崎店様(大分県)、(株)ビッグツー 奄美店様(鹿児島県)

優秀賞

受賞店

(株)マエダ マエダストアおいらせ店様(青森県)、(株)マエダ マエダストア大畑店様(青森県)、(株)マエダ マエダストア大湊バイパス店様(青森県)、(株)マエダ マエダストアむつ中央店様(青森県)、(株)アマノ スーパーセンターアマノ御所野店様(秋田県)、(株)フレッシュコーポレーション アバンセ東村店様(群馬県)、コーナン商事(株)福島大開店様(大阪府)、トスク(株) トスク本店様(鳥取県)、(株)Aコープ西日本 Aコープおおち店様(島根県)、(株)Aコープ西日本Aコープたまゆ店様(島根県)、(株)Aコープ西日本 Aコープいわみ店様(島根県)、(株)Aコープ西日本 Aコープいまばり愛彩様(愛媛県)、(株)Aコープ西日本 Aコープハトマート北条店様(愛媛県)、(株)ママイ フレッシュバリュー西条店様(愛媛県)、(株)ママイ ママイフレッシュバリュー新居浜様(愛媛県)、(株)ママイ フレッシュバリュー西原店様(愛媛県)、(株)ヤマサンセンター ヤマサンセンター小松店様(愛媛県)、(株)ヤマサンセンター ヤマサンセンター丹原店様(愛媛県)、(株)ヤマサンセンター ヤマサンセンター氷見店様(愛媛県)、(株)波止浜スーパー ハツピープラザ様(愛媛県)

1本・3本演出表彰コース

グランプリ

受賞店
マックスバリュ中部(株) マックスバリュ一志店様(三重県)
コメント
1本販売や3本販売が売れる地域ということもあり、お客さまが買いやすい陳列を実施。お客さまであるシニア層にとって、売場の存在がわかりやすい目立つ演出を行っています。
店長 安田 利和様
売場担当者 松本 美恵子様

店長 安田 利和様
売場担当者 松本 美恵子様

まさか、グランプリを受賞できるとは思っていませんでしたので、驚きです。日頃から、フォローをしていただいている大正製薬の担当者さんの協力抜きには、あり得ません。その一生懸命な姿勢に触発されて、売れる売場をつくろうと取り組みました。 店頭演出コンテストのときだけではなく、普段からレジ横で「リポビタンシリーズ」の陳列は継続的に行っています。お客さまは、シニア層で、農業に従事されている方が多いため、農繁期をピークに、1年を通して「リポビタンシリーズ」は売れています。

朝、当店に立ち寄って、1本をグイッと飲んで仕事に出かける方が多く、冷えている商品よりも常温を好まれる傾向があります。夕方は、仕事帰りに立ち寄って、1本または3本販売を買って行かれます。シニア層なので、持ち帰り時に、荷物が重くなることを嫌うからだと思います。

このようなお客さまの特性から、「1本・3 本演出表彰コース」に参加しました。男性向けとして「リポビタンD」があり、女性向けとして「リポビタンファイン」や「リポビタンフィール」がありますので、陳列は半々の割合で積んでいます。実は当店の場合は「リポビタンシリーズ」のなかで、月平均でいちばん売れているのが「リポビタンファイン」です。

厚生労働省の調査で、47都道府県のなかで、肥満度がいちばん低いのが三重県だったことがあります。低カロリーや糖分控えめが好まれる土地柄なのかもしれません。男性も「リポビタンファイン」を飲まれています。そのため、低カロリーや糖分オフなどの商品については、お客さまから「これは、どんな味?」と質問を受けることがあるので、スタッフは、品揃えをしている「リポビタンシリーズ」は、すべて実際に飲んで味わいを実感し、お客さまにお答えしています。

シニア層のお客さまの特徴として、いつもの場所から、商品を移動すると戸惑ってしまい「あの商品はどこにあるの?」と聞かれ、「移動しないで」と頼まれます。「決まった場所に、決まった商品」が基本です。目的買いが増えてしまい、店内の回遊が減ります。

 そこで、店頭演出コンテストを活用することで、店内回遊を促進させることができます。ただし、誰もが売場を認知できるように目立つことが必須です。今後も、売上が促進でき、お客さまの利便性にも寄与できる売場づくりをめざしていきます。

準グランプリ

受賞店
(株)ダイユー 野崎店様(栃木県) (株)ダイユー 東那須店様(栃木県)
「リポビタンD」の発売55周年を訴求することで、ロングセラーとしての人気の高さと信頼のブランドであることを訴求。同時に、女性向けドリンク剤をラインアップし、顧客開拓も推進しています。 上段に女性向けドリンク剤を陳列することで、女性のニーズにも応える売場展開を実施しています。トップボードにイラストを付け加えたり、ひまわりを飾ることで、女性心理をくすぐっています。
(株)アタックスマート 菱刈店様(鹿児島県) (株)アタックスマート 延岡店様
リポビタンシリーズをバラエティ豊かに陳列し、興味喚起を図る売場づくりが行われています。普段、愛飲しているアイテムとは違うものを選べるという、楽しさのある買物を提案しています。 人気キャラクターを採用したメーカー支給POPを活用することで、注目率の高い売場をつくっています。そこに、オリジナルイラストPOPを追加し、オリジナリティを創出しています。
(株)アタックスマート 川南店様
外箱を活用し、段ボールカットによるディスプレイを展開していま
す。アイテム別に商品訴求を目的にしたトップボードを設置するこ
とで、お客さまの商品選びをお手伝いできる売場になっています。

演出アイデア賞

受賞店

(株)マエダ マエダストア八重田店様(青森県)、(株)マエダ マエダストア川内店様(青森県)、(株)マエダ マエダストア苫生店様(青森県)、(株)マエダ マエダストア蟹田店様(青森県)、(株)ダイユー 鍋掛店様(栃木県)、(株)ダイユー 黒田原店様(栃木県)、(株)ダイユー 那須高原店様(栃木県)、(株)オアシスMSC 愛媛労災病院売店様(愛媛県)、(株)Aコープ西日本 Aコープかわつ店様(島根県)、(株)アタックスマート 三股店様(宮崎県)

優秀賞

受賞店

(株)マエダ マエダストアむつ中央店様(青森県)、(株)マエダ マエダストア大湊バイパス店様(青森県)、(株)マエダ マエダストア虹ケ丘店様(青森県)、(株)ダイユー 黒羽店様(栃木県)、(株)ダイユー 中央店様(栃木県)、(株)ダイユー 若松店様(栃木県)、(株)ダイユー 矢板店様(栃木県)、(株)ダイユー 塩谷店様(栃木県)、(株)マックスバリュ中部 マックスバリュ穂積店様(岐阜県)、(株)アタックスマート 日田店様(大分県)、(株)アタックスマート 戸島店様(熊本県)、(株)アタックスマート 菊陽店様(熊本県)、(株)アタックスマート 城南店様(熊本県)、(株)アタックスマート 高鍋店様(宮崎県)、(株)アタックスマート 西都店様(宮崎県)、(株)アタックスマート 田野店様(宮崎県)、(株)アタックスマート 住吉店様(宮崎県)、(株)アタックスマート 国富店様(宮崎県)、(株)アタックスマート 日向店様(宮崎県)

審査風景・審査員

大正製薬株式会社
理事 営業本部長 遠藤 裕一朗
副理事 営業本部副本部長 黒澤 明浩
凸版印刷株式会社
生活・産業事業本部 第5営業本部 部長 根岸 順一
株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア
取締役 平井 俊之
流通マーケティング局 局長 味方 和也