受賞店の声

道北アークス ウエスタン川端店様
サントリー ザ・プレミアム・モルツ グループ
ナイス ディスプレイコンテスト
ザ・プレミアム・モルツコース最優秀賞

募集締切:

テーマをしっかり打ち出して来店者に届く売場づくりを実践

販売に直結するテーマ設定


左から、ウエスタン川端店店長の藤本一哉氏、DC売場担当の笹尾隼人氏、サンリーブ(株) 北海道事業所 シニアマーケティングアドバイザー チームリーダー 竹内裕人氏

 今年の春に実施された「サントリー ザ・プレミアム・モルツ グループ ナイス ディスプレイ コンテスト」において、ザ・プレミアム・モルツコースの最優秀賞を獲得したのは(株)道北アークス(北海道旭川市、六車亮社長)のウエスタン川端店である。売場づくりを担当したDC売場担当の笹尾隼人氏は「全国1位の売場として認められたことは、うれしい」と喜びを語ってくれた。

笹尾氏は「今回のコンテストのテーマであった、ザ・プレミアム・モルツのリニューアルを『進化』ととらえて、訴求することを考えました」と話す。オリジナルPOPによって、味わいの「進化」を訴求。さらに、売場のセンターに、料理のなかでも、ザ・プレミアム・モルツといちばん合うと考えた肉料理をテーブルセッティングとともに配し、訴求力を大幅にアップしている。

ボリューム感のある陳列も、棚を利用することで、商品を取りやすくしている。天井からの吊り下げPOPと床に敷かれたラウンドシートによって、同商品の世界観のある空間を創出したことで、アピール力が高まっている。「受賞をするためではなく、お客さまに手に取っていただける売場であることが大切」と語る笹尾氏。顧客から「凄い売場だね」と声をかけられ、テーブルセッティングの椅子に腰かけて写真撮影をする人もいたという売場。売上も昨年比で、大幅にアップする結果になったという。

新鮮な発見や驚きを届ける


世代別に、楽しい買物ができる店をめざしているウエスタン川端店

ウエスタン川端店の商圏内には高校もあることから、高校生からシニア世代まで幅広い年齢層がターゲットとなっている。同店店長の藤本一哉氏は「価格や品質の訴求はもちろんですが、商品ターゲットに合わせたプロモーションが重要になっています」と話す。メーンターゲットに対して、届くアプローチを常に考えているという。そのため、オリジナルPOPや売場づくりを重要なポイントと考えている。

また、今回の売場展開スペースは、「WOW(ワオ)コーナー」と呼ばれる催事スペースである。「WOW=驚き、喜び、成功」から、「驚きのコーナー」として、新鮮な発見や驚きのある展開をコンセプトにしている。「入口すぐのところにあるスペースなので、ここでのプロモーションは店全体の活性化や演出効果など、さまざまな波及効果もあります」(笹尾氏)とのこと。ふだんから、POPづくりや売場展開に工夫を凝らしている同店の総力を結集してつくりあげているコーナーでもある。

藤本店長は「オリジナリティーを出すためには、メーカーの協力が必要です。商品に関する情報提供を受けることや、オリジナルPOPとの相乗効果を高めるためのメーカー提供POPの支給など、さまざまなバックアップがあればこそ、店の独自性が打ち出せると考えています」と語る。コンテスト参加のメリットは、売場づくりに対する評価をもらえること以外に、メーカーとの関係構築もできるので「今後も、機会があれば積極的に参加していきたい」(藤本店長)と意欲を語ってくれた。