受賞店の声日雑

株式会社ホームインプルーブメントひろせ OKホーム&ガーデン長与店
ベニカXネクストスプレー ディスプレイコンテスト ボリュームコース グランプリ

募集締切:

基調の商品カラーを生かした迫力ある演出で販売実績の向上に成功

板を加工して曲線のゴンドラを手づくり

OKホーム&ガーデン長与店
OKホーム&ガーデン長与店

今回グランプリを受賞したOKホーム&ガーデン長与店は、2011年オープン。長崎市に隣接する長与町に立地し、長崎市内からの来店客も多く、幅広い年齢層から支持されている店舗だ。

今回のコンテストへの参加について、同店店長の村部貴文氏は「最初に新商品としてバイヤーから紹介されたときから、『ベニカXネクストスプレー』は、付加価値の高い商品として注目していました。ちょうど薬剤の需要が高まる時期にコンテストの提案をいただき、やはりメーカーさんも力を入れている商品だと思いましたので、新たに企画売場をつくり、参加させていただくことにしました」と言う。

同店周辺は住宅が多く、園芸売場は家庭園芸の趣味的なユーザー層がメーン。一部、畑などをつくっている客層も訪れる。「ある程度経験のある層からビギナー層まで幅広いお客さまがいらっしゃいますが、『ベニカ』といえばよく知られていて、以前からの商品力が強いブランド。何も発信しなくてもこれまでの『ベニカ』シリーズを買っていかれるお客さまは多いはずです。今回の新商品の価値と特長を伝えるには、それを強く打ち出した目立つ売場をつくる必要があると考えました」(村部店長)。

そこでまず、エンドの前面に半円形に切った板を配置し、突き出る形の立体感のあるゴンドラを展開することに決定。

さらに店内に1台だけあった46インチの大型モニターを配置して動画を放映し、視覚と聴覚の両面での訴求を行った。

「実際に陳列しながらいろいろ相談し、出てくるアイデアを取り入れながら、売場づくりを行いました。LEDのテープライトを使った電飾は、当店で扱っている商品を使用したもので、お客さまの目を引く意味で効果的だったと思います」(村部店長)。

こうして来店客の目に必ず入る出入口付近の場所を使用し、商品のキーカラーである"ネクストレッド"を基調にした迫力満点の売場ができあがった。

高付加価値商品として部門の売上アップに貢献

OKホーム&ガーデン長与店店長・村部貴文氏
OKホーム&ガーデン長与店店長・村部貴文氏

村部店長は新商品を「おしゃれなイメージで、付加価値の高い商品」と評価していたが、価格帯も高くなるため、売上動向にも注目していた。

その結果5月の薬剤カテゴリーの実績は前年の1・8倍に向上。6月も1・3倍と飛躍的な伸びを記録した。村部店長は「内訳を分析すると、内容的には高価格・高付加価値の『ベニカXネクストスプレー』がけん引するかたちになっており、部門全体の伸びにも大きく貢献しています」と販売実績を高く評価している。

今回の受賞について村部店長は「賞をいただけるかどうかはあまり意識せず、店としてお薦めしたい商品をどう売場で見せていくかを考える。このことは、スタッフの成長につながると思っています。それがコンテスト参加の大きな理由になっています。大陳を行うことで、もちろんお客さまにも売場の変化を楽しんでいただくことができますし、魅力ある商品を差別化していくこともできます。とくに新商品を扱う場合は、必要な情報をいかにわかりやすく伝えていくかが重要だと考えています」と言う。

同店では、コンテストにかかわらず、つねに売場からの情報発信力の向上に取り組んでおり、仮に近くに店員がいなくても必要なことがわかるような、利便性の高い売場をめざしているという。

受賞したディスプレイ半円形のゴンドラによって、立体感を演出。LEDのテープライトを使用して目立たせたほか、大型モニターディスプレーで情報訴求を行うなど、商品を伝えるさまざまな工夫が盛り込まれている