受賞店の声加工食品

ブイチェーン 桑折店(福島県伊達郡)様 2019年10〜11月大陳ディスプレイフォトコンテストグランプリ

募集締切:
理研ビタミン 大陳ディスプレイフォトコンテスト

大陳コンテストに参加することで売場の活性化とメニュー提案に活用

メニュー提案になる陳列

店長の梅原正敏氏(中央)、理研ビタミン㈱仙台支店 家庭用食品営業チーム主務の前田一成氏(左)、同社家庭用食品営業本部 営業推進部マーケティングチーム主事の氏房淳氏(右)

店長の梅原正敏氏(中央)、理研ビタミン㈱仙台支店 家庭用食品営業チーム主務の前田一成氏(左)、同社家庭用食品営業本部 営業推進部マーケティングチーム主事の氏房淳氏(右)

昨年の10〜11月に実施された理研ビタミン「大陳ディスプレイフォトコンテスト」において、グランプリを受賞したのは㈱ブイワン(福島県郡山市、小堀征夫代表取締役社長)のブイチェーン桑折店。店長の梅原正敏氏は「毎回、入賞できればという思いで参加しているので、グランプリ受賞と聞いて驚きました。とてもうれしいです」と笑顔で語ってくれた。

コンパクトな売場の中で、陳列スペースを確保して売場を展開。

「お客さまへの1食分のメニュー提案になるような陳列をしようと考えました」と梅原店長。ノンオイルドレッシング、麻婆豆腐の素マボちゃんなどの調味ソース類、わかめスープなどを幅広くラインアップしている。

「野菜を食べよう!!」と訴求するPOPや「リケンのノンオイル」大型ボードを採用して、視認率アップも図った。「ドレッシング類も、調味ソース類も、野菜をはじめとする生鮮品との関連販売を促進できるのが魅力です」と語る梅原店長。さらに、リケンのノンオイルは、サラダ以外のアレンジレシピをCMなどで訴求しており、客単価アップを促進できる商品でもある。今回のメニュー提案というテーマで展開された売場は、品揃えの構成とともに、アピールによって、売上アップにも貢献するものとなった。

人間力を生かした接客

ブイチェーン桑折店

今年2月に全面リニューアルオープンを迎えたブイチェーン桑折店

㈱ブイワンは郡山市を中心に、12店舗のブイチェーンを展開。大型店が出店しにくい地域にも、小型店の利点を生かして積極的に出店。地域密着の便利で親切な店をめざしている。

ブイチェーン桑折店も、「人間力」を大切にしたコミュニケーションを積極的に行っている。梅原店長は「当店は、価格で勝負できるわけでもなく、店舗スペースのこともあり、品揃えが限られてしまします。

だからこそ、お客さま第一の人間力を発揮しています」と語る。

まず、来店客への声がけだ。「いらっしゃいませ」の前に「おはようございます」「こんにちは」など挨拶を加えることで、来店客からも挨拶が返ってきてコミュニケーションが円滑になるという。そんな居心地のよい雰囲気をつくることで、店舗が地域のコミュニティスペースになることをめざしている。

また、自宅の冷蔵庫代わりに気楽に活用していただけるように「マイキッチン」をコンセプトに店づくりを行っている。売場の活性化や提案型の売場づくりが行えるコンテストは参加の価値があるので、今後も積極に参加していく考えである。

受賞したディスプレイ

顧客の中心となる高齢者にも、商品が取りやすい高さを考慮した陳列とメニュー提案をテーマにした売場づくり