受賞店の声即席麺

ホクノー中央店様
すべては、この発明から。大陳コンテスト
大陳コース グランプリ

募集締切:

親しまれるロングセラーと博物館的演出で顧客に話題の売場!

伝説をたたえるような売場


写真左から、ホクノー中央店 食品・日配バイヤー古川智之氏と食品・日配アシスタントバイヤー中川卓哉氏、日清食品㈱営業本部 北海道支店 営業課の八子航平氏と松田健冶氏

 昨年の秋に開催された日清食品「すべては、この発明から。大陳コンテスト」において、大陳コースのグランプリを受賞したのは㈱ホクノー(北海道札幌市、野地秀一代表取締役社長)のホクノー中央店である。食品・日配アシスタントバイヤーの中川卓哉氏は「尊敬している人物の1人である安藤百福さん発明の「チキンラーメン」のコンテストなので、気合を入れて挑戦しました。そして、グランプリ受賞ですから、これ以上の喜びはありません」と語ってくれた。

 オリジナルトップボードで、「伝説の始まりはここから 世界初のインスタントラーメン それは日清チキンラーメン」とテーマを訴求。「発売60周年」のPOPとの相乗効果によって、来店客へのアピール力が高まっている。

 さらに、安藤百福氏の「チキンラーメン」発明の功績をまとめた偉人伝風の巨大な本に見立てたPOPを中央に配置した。また、「チキンラーメン」のアレンジレシピを紹介するPOPによって、「楽しくつくって、おいしく食べる」魅力も訴求。博物館を意識した演出で、興味や購買意欲を高める売場になっている。

 「皆さまに愛されているロングセラー商品であり、朝ドラ効果も考慮して、『すべては、この発明から。』というコンテストテーマをストレートに打ち出すことを考えました」と中川アシスタントバイヤーは話してくれた。

顧客ニーズを品揃えに反映


周辺の団地をはじめ、地元の消費者に長く親しまれている地域密着のホクノー中央店

 (株)ホクノーは、札幌市内にスーパーマーケット(SM)5店舗を展開。ホクノー中央店は、1970年前半に開発された札幌市内の大型団地「もみじ台団地」の地域密着SMとして、1976年にオープン。今では顧客の中心は高齢者となっている。

 「高齢のお客さまは、昔から親しんでいる商品を購入することがほとんどです」と食品・日配バイヤーの古川智之氏。そのため同店では、競合店に品揃えがなく、顧客が求めている商品をラインアップするようにしている。

 新商品の場合、顧客に売り込むには工夫が必要。日清食品の「チキンラーメン」をはじめ、「カップヌードル」や「日清のどん兵衛」など、親しみのある商品は、売上の高い商品。そのなかで、「カップヌードル」や「どん兵衛」の「お椀で食べる」シリーズが売れているため、他店よりも品揃えを充実させている。「高齢の方にとっては、お椀サイズがちょうど食べやすい量なのです」と中川アシスタントバイヤー。「手間をかけずに、おいしく、量も多すぎない」というのが、購入ポイントになっている。

 このように、顧客のニーズに合う商品は、売れる。新商品の場合は、「どんな特徴があり、そのメリットは何かを伝えることを重視し、それに見合った商品を常に探しています」と中川アシスタントバイヤー。同店にとってディスプレイコンテストは、定番商品以外に新商品などを提案できる場として、活用の価値は高い。

 今後も、顧客への情報発信や商品提案の場として、ディスプレイコンテストに積極的に参加していく考えである。

多数の受賞歴がある同店のノウハウでもある、オリジナルや手づくりにこだわった売場で今回もグランプリを受賞