受賞店の声菓子

マミーマート白岡西店様
明治おかし祭り 店頭陳列・演出コンクール
ディスプレイコース スーパーグランプリ賞

募集締切:

コンテストのテーマを踏まえてトロピカルな南の島のイメージを演出

陳列を重視する基本方針が多くの受賞実績につながる


前列右から、マミーマート白岡西店 統括マネジャー谷口智樹氏、同店菓子担当 飯田駒子氏、同日配担当 澤橋麻衣氏、後列右から、株式会社明治関東支社埼玉オフィス 流通営業二部営業四課 綛田侑三氏、同企画管理部SPスタッフ 三村直子氏

 マミーマートでは、全社的に陳列に力を入れており、定期的に社内コンテストを実施するなど、スキルアップを図っている。その結果、白岡西店もメーカー主催の陳列コンテストで多くの賞を受賞してきた。

 明治のコンテストでも数年前に受賞実績を持つが、今回初めてコンテストに参加する陳列を担当したのが菓子担当の飯田駒子氏。それに部門は異なるが、デザインや陳列のスキルの高い日配担当の澤橋麻衣氏が協力するかたちで陳列に取り組んだ。

 飯田氏は「全体の構想やアイデアは明治さんの担当の方を含め、みんなで相談して決めましたが、私はあまり経験がなく、オリジナル販促物の製作などは、澤橋さんが得意なのでかなりの部分を担当してもらいました。みんなの力を合わせて参加した結果なので、受賞の知らせを聞いたときは、“よかった”というのが正直な気持ちでした」と言う。

 澤橋氏も「今回はグランプリ賞を目標にしていました。知らせを聞いたときはグランプリ賞だと勘違いして喜んでいたのですが、後から“スーパー”グランプリ賞だとわかって、びっくりしています」と言う。

 また同店統括マネジャーの谷口智樹氏は「白岡西店は前任者が大陳に積極的だったこともあり、さまざまなコンテストで結果を出してきました。商圏内の競合がますます厳しくなる中で、陳列は店舗の差別化を図るうえで非常に重要だと考えています。ただ私自身はあまりセンスがあるわけでもないので、若い2人の感覚でチャレンジしてもらいました。高い評価をいただくことができて大変うれしいです」と言う。

手分けをして作り上げたオリジナル販促物


マミーマート白岡西店

 今回の陳列は季節感を演出するトロピカルな「南の島」がテーマ。ひな壇状に陳列した「おかし祭り」の商品を中心として、上部や周囲にオリジナル販促物を配置して雰囲気を盛り上げた。

 特に目立つのは上部に設置した「ヤンヤンつけボー」のキャラクターのパンダだ。幅約1mほどの大きなディスプレイは、段ボールを切り抜き、色画用紙や絵の具で彩色したもの。口の部分が内側にへこんでいるなど立体的で、一見して手作りだとは思えないほど完成度が高い。

 飯田氏も澤橋氏も、もともとものづくりが好きで、自宅に帰って販促物製作に熱心に取り組んだ。

 明治の販促物は、「アポロちゃん」に水着を着せるなどアレンジをほどこしたほか、楽しさを演出する音符マークや、ハイビスカスなどの花などもすべて段ボールを使った手作り。「完成した陳列は思ったとおりかわいい感じにできたと思います。陳列場所も入口すぐの目立つ場所で、お客様からも“いいね~”という声が聞こえるなど、反応も良かったです」(飯田氏)

 澤橋氏も手ごたえを感じており、「陳列の工夫次第で商品の売れ行きが伸びるということを実感できます。お客様の反応がすぐに出るという点で、やりがいがあります」という。

 谷口統括マネジャーは「私自身は完成した陳列を見ただけで、特に口を出していませんが、期間中の販売実績もきっちり出ており、お客様にも喜んでいただけたのではないかと思います」と高く評価している。

 飯田氏は「私自身は初めてであまりたいしたことはできませんでしたが、楽しい作業でした。今後も参加する機会があれば積極的に取り組んでいきたいと思います」と言う。

大きなキャラクターのパンダがアイキャッチとして効果抜群。前回参加時の反省を生かし、思いきって大きく仕上げた。全体としてカラフルで楽しさあふれる演出となっている