販促のヒント

KSP-POS マーケットトレンドレポート「調理済みシチュー」

募集締切:

 

  • インスタントシチュー不調の中、調理済みシチューは28カ月連続で前年比プラスが続いている
  • 伊藤ハムの「レンジでごちそう」が好調の他、ハウス食品も前年プラスを継続。

*POSデータの対象店舗数、抽出期間等は巻末参照。

 カテゴリー推移 年次

ルータイプのインスタントシチューは毎年金額が減少傾向。 特に2018年は前年比93.4%と大きくマイナス。

インスタントシチュー 金額推移

▲KSP-POS食品SM(全国、年次 2014年~2018年)

調理済みシチューは2017年以降急成長。2018年と2014年を比較すると2倍以上の金額ボリュームとなっている。

調理済みシチュー金額推移

▲KSP-POS食品SM(全国、年次 2014年~2018年)

金額構成比で見ると、インスタントシチューの構成の方が圧倒的に大きいが、調理済みシチューは徐々に構成を伸ばしてきている。

インスタント/調理済み 金額構成比

▲KSP-POS食品SM(全国、年次 2014年~2018年)

カテゴリー推移 月次

急成長した2017年以降を月次で見ると、2017年3月から直近2019年6月まで28カ月連続で前年比プラスが継続している。金額増の大きなタイミングは2017年9月と2018年9月。過去2年とも秋冬商品が売れ始める9月に急成長している。

調理済みシチュー金額&前年比推移

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

アイテム数は大きく変わらないが、店当たり平均取り扱いアイテム数が増えている。

アイテム推移数

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

店あたり平均取り扱いアイテム数

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

メーカー別

メーカー別に見ると、2017年3月に出現した伊藤ハムが徐々にシェアを拡大している事がわかる。また、もともとシェアが大きかったハウス食品も金額を取られることなく、好調に推移している。

調理済みシチュー 金額推移(メーカー別)

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

調理済みシチュー 金額構成比推移(メーカー別)

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

伊藤ハムの主力商品は「レンジでごちそう」シリーズ。調理済みシチューに分類される商品ではビーフシチュー、牛タンシチュー、シチュードハンバーグの3品。

伊藤ハム 金額&前年比推移

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

伊藤ハム 商品別金額推移

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

シチューのパッケージ画像

ハウス食品は2017年8月以降継続して前年プラスで推移。

ハウス食品 金額&前年比推移

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

中村屋は2018年2月までは前年プラスで推移をしていたが、直近は横ばい。

中村屋 金額&前年比推移

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

丸大食品は2018年9月から大幅に売り上げアップ。

丸大食品 金額&前年比推移

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

価格帯別

2018年9月以降、301円~350円の商品の売上が増加。直近では約7割の金額が301円以上の高価格帯アイテムで構成されている。

調理済みシチュー 金額推移(価格帯別)

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

調理済みシチュー 金額構成比推移(価格帯別)

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2017年1月~2019年6月)

アイテムランキング

アイテムランキンググラフ

▲KSP-POS食品SM(全国、月次 2019年6月)

<調査概要>

POSデータ:KSP-POS(食品SM)年次データ、月次データ
期間 : 2014年~2018年(年次)、2017年1月~2019年6月(月次)
地域/店舗数 : 全国 約450店舗
*KSP-POSは全国150社約1060店舗の食品スーパーから収集した販売情報データベースです。
参考:伊藤ハム http://www.itoham.co.jp/

株式会社KSP-SP
URL:http://www.ksp-sp.com/