受賞店の声日雑

ひらせいホームセンター白根バイパス店(新潟県新潟市)様 第52回KINCHO防虫剤V.I.P. 陳列コンテストV.I.P. 大賞

募集締切:

テレビCMとの連動と季節演出で来店客の購買意欲が高まる売場に!

CMのキャッチでアプローチ!

店舗外観

ホームセンターの枠を超えた融合店舗として、地元の消費者にワンフロアで様々な商品が購入できると喜ばれている白根バイパス店

今春に実施されたKINCHO防虫剤の「第52回V.I.P. 陳列コンテスト」において、V.I.P. 大賞を受賞したのは㈱ひらせいホームセンター(新潟県新潟市、清水泰明代表取締役社長)の白根バイパス店である。店長の中原和行氏は「まさか大賞に選ばれるとは、予想もしていなかったので、うれしいというより驚きのほうが大きかったです」と語ってくれた。

店内入口付近の催事スペースで展開された売場は、ボリューム感のある陳列と販促物を工夫することで、よりインパクトがあり、来店客の目を引くものとなっていた。

新生活のスタートや衣替えシーズンとなる春の季節感を桜のディスプレイで明るく演出。同時に、「防虫剤は必要だ。」というCMのキャッチフレーズを採用することで、直球勝負といえるようなインパクトのある訴求を実施した。「CMと連動させることで、お客さまの視認効果を高め、購買喚起を促進させることを考えました」と中原店長は語る。CMを意識したボードも採用することで、アピール力をよりいっそう高めている。

陳列商品も「ゴンゴン」シリーズと「ゴンゴンアロマ」シリーズの各アイテムをバラエティー豊かにラインアップ。用途によって選べる陳列となっている。

さらに、収納空間の掃除に最適な掃除シート「サッサ」やダニ対策として「サッサダニよけおそうじシート」、「ダニがいなくなるスプレー」なども同時展開することで、併買促進を実施している。「幅広い商品をラインアップすることで、春シーズンの暮らしの応援ができる売場展開を実施しました」と中原店長。

その結果、防虫剤全体で前年対比108%の売上を達成するという結果に結びつく大陳となった。

利便性の高い融合店舗

㈱ひらせいホームセンターは、新潟県の41店舗を中心に富山県、長野県、山形県、石川県にも店舗を展開している。同社の特徴は「生活」「住まい」「遊び」をテーマにし、「ひらせいホームセンター」を中心として、「HIRASEI遊TSUTAYA」「食品館/生鮮広場」「ダイソー」というホームセンター(HC)、スーパーマーケットと、フランチャイズでの書籍販売およびCD・DVDレンタルや100円ショップという3事業部4業態を確立。この業態を各店舗の商圏特徴や立地条件に合わせて、チョイスし、組み合わせた店舗展開を行っている。異業種の商品をワンフロアで販売する融合店舗である。

白根バイパス店は、2019年に全線開通した白根バイパス沿いで、自動車での買物に便利な立地であり、HC商品、食料品、100円ショップ商品、エクステリア商品をワンフロアで買物ができる融合店舗。同社HCの最大規模で、売上一番店である。

同社の防虫剤と殺虫剤のメーンメーカーであるKINCHO。中原店長は「お客さまから支持が高い人気のブランドであることから、普段から売場やチラシ販促などの取り組みを強化しています。その中で、陳列コンテストとなれば、弊社の代表店舗として参加しないわけにはいきません」と語る。全店舗を牽引する意味でも、コンテスト参加には意義があるということだ。

多彩な販促企画とコンテスト参加を続けることで、KINCHO商品は、販売数量・金額とも伸長を続けている。このような結果から、今後も積極的にコンテストへの参加を続けていく考えである。

受賞したディスプレイ

用途や好みによって選べる豊富な商品ラインアップとCM連動で来店客にアピールすることで購買意欲を高めている売場