受賞店の声加工食品

スーパーバリュー上尾愛宕店様
キユーピーあえるパスタソース・ディスプレイコンテスト
ボリュームコース 金賞

募集締切:
キユーピーあえるパスタソース・ディスプレイコンテスト 受賞店の声

夏祭りをテーマに楽しめる売場を展開
関連レシピの提案など情報訴求にも注力

上司やメーカーのバックアップで迫力ある陳列を実現

スーパーバリュー上尾愛宕店
スーパーバリュー上尾愛宕店

スーパーバリュー上尾愛宕店は本社に併設された旗艦店で、広い売場と店の活気が生み出す圧倒的な集客力が特徴の店舗。これまでも多くのディスプレイコンテストで受賞実績を持つが、今回金賞を獲得した同店グロッサリー担当・高橋亘氏(現在はスーパーバリュー中浦和店に異動)にとっては、初めてのコンテスト参加で、いきなりの最高賞受賞。

高橋氏は「入社2年目で今年から加工食品部門を担当するようになったため、コンテスト参加はまったく初めて。今回キユーピーの葛谷仁史さんからバイヤーを通して日本一をねらいましょう、と熱意のある提案をいただき、参加を決めました。陳列にあたっては、経験豊富な上司で、当店のSMフロアマネージャー兼グロッサリー担当の山本泰友と相談し、アドバイスを受けながら取り組みました」という。

過去の受賞事例などを研究しながら、具体的な演出方法を3人で検討していった。その結果、時期柄に合わせて、来店客がわくわくするようなテーマとして「夏祭り」を決定。何度か売場デザインを描き、改良しながらアイデアを固めていったという。

実際の陳列作業については、キユーピー関東支店もバックアップ。日頃から売場フォローを担当する株式会社ケイ・エスエスの今村智子氏をはじめ、キユーピー関東支店からは城所冬樹氏、渓康二氏、大塚千絵子氏、黒臼悠夏氏、山崎高裕氏、奥野陽亮氏、仁科麻里子氏、一宮彰人氏、杉末研吾氏、橋本凌輔氏などがそれぞれの立場から陳列の応援や、演出のアイデア出しなどに参加した。

「陳列場所は日頃から催事スペースとして使用している目立つ場所で、今回は大きくスペースを取ったうえに『あえるパスタソース』のCMソングも流しましたので、非常に注目度が高く、一緒に歌うお子さまや、写真撮影されるお客さまもいらっしゃったほどでした」(高橋氏)と手ごたえを語る。

ディスプレイの様子食品館あおばセンター南駅前店(神奈川県横浜市)

スーパーの売場を楽しめる場所にしていきたい

陳列では、約80個の牛乳箱をベースに手づくりのやぐらや、入場門のようなディスプレイを設置。多くの販促物に加え、ライトやタワー什器を駆使して夏祭り感を演出した。

また商品については、定番にあるフレーバーをすべて組み込み、冷製パスタのほか、さまざまな応用メニューのレシピをオリジナルPOPで提案。スーパーバリューPB商品の素材「カットトマト」「パスタ」をクロス展開することで、販促面での相乗効果をあげることにも成功している。

「中央に鉢巻をまいたキユーピー人形、左右に浴衣を着たキユーピー人形を配置したのは、今村さんのアイデアで、手づくりしてもらいました。多くのみなさんの協力のおかげで、インパクトのある売場をつくることができました。その分、受賞の知らせを聞いたときはうれしかったです」(高橋氏)

フロアマネージャーの山本氏からも「よかったね」と祝福されたという。

高橋亘氏(左)、葛谷仁史氏(右)
㈱スーパーバリュー上尾愛宕店グロッサリー担当 高橋亘氏(左)、キユーピー㈱ 関東支店家庭用営業課 葛谷仁史氏(右)

高橋氏は「販売実績もよかったのですが、こうした大陳を展開する意義は、やはりお客さまに楽しんでいただけるという点が大きいと思います。スーパーを楽しめる場所にしていきたい。私自身はまだ経験が浅く、陳列の基本で足りない部分もありますが、積極的に他店の陳列を見るなど勉強を続け、もっとお客さまに楽しんでいただける、売上につながる演出を考えていきたいと思います」と語る。