受賞店の声酒類

酒専門店SHIZU 湖山店様
月桂冠 秋の大陳コンテスト
Aコース グランプリ

募集締切:

酒専門店としての商品提案にこだわった品揃えと選びやすい陳列

訴求と買いやすさの両立


(株)しず商店の清家貴司代表取締役社長

 2018年に実施された月桂冠「秋の大陳コンテスト」において、Aコースのグランプリを獲得したのは(株)しず商店(鳥取県鳥取市、清家貴司代表取締役社長)の酒専門店SHIZU湖山店である。同社の売場づくりの責任者である代表取締役社長の清家貴司氏は「会社としては、4年連続のグランプリ受賞となりました。とても光栄なことです。また、一生懸命に取り組んでくれた社員にも感謝しています」と喜びを語ってくれた。

 同社は、限られた催事スペースのなかで、圧倒的なボリューム感を打ち出すことにこだわりを持っている。そのために、天井に届くほどに商品を高く積み上げている。清家社長は「見えない土台部分も、すべて商品を積んでいます。空き箱などでかさ上げは、一切していません」と語る。その意味は「『これからこの商品を売るぞ』という社員への鼓舞であり、同時に、『こんなに売れている商品である』ということをお客さまへアピールするための商品数である」(清家社長)。

 そして、来店客にとって商品を手に取りやすいように、ひな壇陳列を採用している。さらに、「特定名称酒」「定番酒」「辛口酒」と3ブロックに分けて陳列することで、酒専門店として、選ぶ楽しさや飲み比べを提案できる売場づくりを行った

 オリジナルPOPで、商品それぞれのアピールポイントを訴求したり、季節感を生かしたフレーズを採用することで、顧客や地域の消費者とのコミュニケーションも重視している。

 「月桂冠は、当社のNo.1ブランドなので、真摯に取り組んだ結果であり、専門店としてお客さまと向き合った売場づくりが評価されたと思っています」(清家社長)。

意味のある陳列を実践

 (株)しず商店は、酒専門店SHIZUと酒専門店SAMというグループ店を鳥取県と島根県で、9店舗を展開している。今回も全店がコンテストに参加。それは、「当社では専門店である以上、スタッフは豊富な商品知識を身につけていなければならないという考えを実践するための取り組み」(清家社長)である。社員をはじめ、パートタイマーも含め、全スタッフが酒のこと、商品のこと、メーカーのことを勉強している。

 それらの知識やうんちくを活用して、酒類のおいしさや楽しさなどに関するメッセージや提案がある売場づくりを行っている。また、来店客からの商品選びの相談にも気軽に対応する接客も積極的に行っている。

 このように、専門店として意味のある品揃えや陳列を行うことで、顧客獲得に結びつけている。それはまた、顧客に頼られる存在になることでもあることから、全スタッフのやりがいやモチベーションアップにつながっている。「ただ商品を積むのではなく、意味のある陳列や売場づくりを行うことは、自身の成長ということだけではなく、仕事が楽しくなる要因にもなる」と清家社長は考えている。

 人手不足が社会問題となっている時代に、通常業務のなかで、「今回のような陳列を行って、高評価をもらえる売場をつくり上げた社員やスタッフには感謝です」と清家社長。「今後も、顧客に喜ばれ、連覇の記録を伸ばせるような売場づくりを行えるように、全社をあげて精進いたします」と抱負を語ってくれた。


圧倒的なボリューム感と選びやすいようにタイプ別の3ブロックに分けた提案型の売場。アピール力と買いやすさが両立している