結果発表加工食品

新・黄金の味 焼肉ディスプレイコンテスト

募集締切:

コース結果発表

ボリューム陳列コース〈特設売場(催事・エンド)〉

最優秀賞

受賞店
ユニー(株)アピタ浜北店様(静岡県)
コメント
店舗の一等地であるレジ横の催事場と導線上の精肉売場前の2ヵ所に大陳していただきました。今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の井伊家の赤兜をイメージしたオリジナル販促物がインパクト大。大河ドラマゆかりの地ということもあり、多くのお客様が足を止めていたようです。ボリューム感、買い物のしやすさ、すべてにおいて満点のディスプレイです。
受賞店様インタビュー
ユニー(株)アピタ浜北店 ドライ食品担当課長
田中 克典様

 前回の鍋のディスプレイコンテストで初めて最優秀賞をいただき、今回で2度目の受賞となり、大変嬉しく感じています。今回はレジ横の催事場と導線上の精肉売場前に、「黄金の味」を中心に合計500ケースを陳列しました。エバラさんの担当者はいつも手厚いフォローをしてくださり信頼もしているので、攻めた発注ができました。
今回は新しくなった「黄金の味」を多くの人に知ってもらうことを最優先にしました。瓶からペットボトルになって便利になったことやさらにおいしくなったことなど販促物を使ってアピールしました。今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」の井伊家の赤兜をイメージして全体的に赤を基調とした装飾に仕上げました。大河ドラマのゆかりの地ということもあり、お客様からの注目度も高く、大変喜んでいただけました。また中央にはバーベキューキットを展示することで、夏の需要期を盛り上げました。
精肉売場ではテレビを設置して「黄金の味」のCMを流すことで、肉と「黄金の味」の同時購入を促進し、売上アップに貢献しました。また地元のお祭りの時にもバーベキューを訴求しました。
大陳のあと、店内イベントとしてマネキンを使った試食販売を行い、新しくなった「黄金の味」を紹介できました。実際に味わっていただくことが購買につながると実感しました。
私たちは常に「きれいで丁寧な陳列で、お客様が気持ちよく買い物していただくこと」を心がけてディスプレイしています。2連覇することができたので、3連覇できるようにチャレンジしたいと思います。

優秀賞

受賞店
(株)オークワ
スーパーセンターオークワ中津川店様(岐阜県)
売場上段で展開した商品ボトルを活用した大型手づくり「人形POP」が売場にインパクトを与えており、子供連れの家族などに大変好評な売場になりました。また、下段の樽を使った陳列などで変化をもたせるなどの工夫も見られます。
ユニー(株)
アピタ東海荒尾店様(愛知県)
売場の正面には「黄金の味」の大量陳列、裏面には「おろしのたれ」を大量陳列した迫力ある売場になっています。また、フロアPOPもお客様の立ち寄り率アップに一役買っており、優秀賞にふさわしい見事な売場実現がなされています。

エバラ賞

受賞店

(株)道北アークス スーパーアークスウェスタン北彩都店様(北海道)、北雄ラッキー(株)ラッキー栗山店様(北海道)、(有)ケーワイカンパニー キッチンランドSUNSUN店様(京都府)、(株)キョーエイ キャロット1店様(富山県)、(株)Aコープ西日本 Aコープだいとう店様(島根県)

チェーンストアコースコース〈特設売場(催事・エンド・生鮮)〉

(10店舗以上または全店でご参加いただいた企業様)

最優秀賞

受賞企業
(株)野嵩商会様〈フレッシュプラザユニオン〉(沖縄県)

ユニオン赤嶺店様(沖縄県)、ユニオンあげな店様(沖縄県)、ユニオン普天間店様(沖縄県)、ユニオンあわせ店様(沖縄県)、ユニオン上原店様(沖縄県)、ユニオン前島店様(沖縄県)、ユニオン仲間店様(沖縄県)、ユニオン真嘉比店様(沖縄県)
受賞企業様インタビュー
(株)野嵩商会〈フレッシュプラザユニオン〉 食品バイザー
田場 雄貴様

 エバラさんのディスプレイコンテストには平成23年度から参加しており、エバラ賞、努力賞、前回の優秀賞と続いて、今回は最優秀賞なので、確実にステップアップしています。
当社では「楽しい売場づくり」をモットーに、マグロや豚の解体ショー、野菜の詰め放題などのイベントを季節ごとに行うほか、ディスプレイにも力を入れています。
今回のディスプレイコンテストは店舗によってボリュームなどは変わりますが、買い物が楽しくなる売場づくりを目指しました。「黄金の味」のボトルダミーやバルーンを天井から吊るす等、お客様の目を引く売場づくりを心がけました。
また「黄金の味」がリニューアルしたことから、原料の1/3がりんごであることや瓶からペットボトルになって、より便利になったことなど販促物を使ってお客様に積極的にアピールしました。モニターで「黄金の味」のテレビCM を流したことで、お客様の購買を促進できたと考えます。もともと売上ボリュームのある商品なので、これ以上伸ばすのは厳しい面もあると心配していたのですが、全店で前年と比べて2割増の売上となっています。
当社のもうひとつの大きな強みは、部門間の壁がないことです。各担当間で協力して売場づくりを行って、関連販売にも力を入れています。お客様が買い物しやすい売場づくり、お客様目線の導線を考えれば関連販売は必要不可欠な要素といえます。エバラさんの商品は汎用性が高く、通年で売れるので関連販売に積極的に活用しています。調味料が売れれば生鮮3 品の売上にもつながるわけですから、おのずと会社全体の売上と利益貢献になるわけです。
沖縄県は本土と違い、旧暦での行事が多く、それに合わせた売場づくりも重要になります。たとえば清明祭は、親族が揃って墓前で祖先と共に食事を楽しむという沖縄独特の風習。4月から5月上旬まで行われます。ほかにも祖先を敬う行事がたくさんあり、こうした行事にあわせた売場づくりをすることも重要です。
当社では「楽しい売場づくり」をモットーに地域一番店を目指して、これからもお客様第一主義で売場づくりを行っていきます。次回のディスプレイコンテストで2冠できれば嬉しいですね。

優秀賞

受賞店
(株)ツジトミ・(株)サンフレッシュ様(京都府) (株)フーズマーケットホック様(島根県)

(株)ツジトミ スーパーツジトミ交野店様(大阪府)、(株)サンフレッシュ 宇治田原様(京都府)

花園店様(鳥取県)、伯耆店様(鳥取県)、キャスパル店様(島根県)、塩冶店様(島根県)

エバラ賞

受賞店

(株)PLANT(福井県)様、(株)たいらや様(栃木県)、ユニー(株)様(愛知県)、(株)マルイ様(岡山県)、(株)JAおきなわAコープ様(沖縄県)

審査風景・審査員

エバラ食品工業株式会社
代表取締役社長 宮崎 遵
専務取締役 水谷 直照
専務取締役 髙井 孝佳
取締役 古閑 博
上席執行役員 マーケティング本部長 近藤 康弘
執行役員 家庭用営業本部長 鈴木 拡
執行役員 家庭用営業本部 副本部長 小林 元昭
執行役員 家庭用営業本部 副本部長 高島 勝廣
株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア
代表取締役社長 石川 純一